身体の事

軟骨

投稿日:2017年3月28日 更新日:

”軟骨” はみな様もよく耳にする言葉かと思います。

骨と骨とが向き合う関節では、骨端の表面は軟骨で覆われています。
また、股関節・肩関節にある関節唇、膝にある半月板や背骨の間にある椎間板は、関節の安定の助けや衝撃の吸収の役割があり、これらも全て軟骨なのです。

そして身体の細胞は血液によって栄養が運ばれますが、軟骨は血液では栄養がもらえない仕組みになっています(半月板のわずかな部分だけ血管がある場所があります。)

関節自体は骨膜から続く膜でつくられる関節包という袋状の組織に包まれ、その中は関節の動きを滑らかにする滑液といういわゆる油のようなもので満たされていて、軟骨はその滑液から栄養をもらう事ができます。
滑液は関節を動かすことで分泌されるので、動かさないでいると軟骨はずっと栄養がもらえない状態になってしまいます。

歳をとって身体を支える筋肉が弱くなると、骨端にある軟骨同士がぶつかりやすくなり、ぶつかりあう事で、お互いの軟骨を削りあってしまう事もあります。

筋力をしっかりとつけ、自分の身体を重力から守りしっかりと支え、そして関節の軟骨に栄養を与えるためにも運動するという事はとても大切なのですね。

 

tea Ballet Studio

京王線京王稲田堤駅徒歩3分、JR南武線稲田堤駅徒歩4分
クラシックバレエ・ピラティス・ヨガ・ヒーリングヨガ・マタニティヨガ・産後ヨガ・Yinヨガ

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-身体の事

執筆者:

関連記事

どんどん伸びてます・・・

スタジオを開設してから今年の夏で早くも9年!! 当時3歳だった生徒が小学校6年生に、小学1年生だった生徒は中学3年生へと成長し、それを見守る事ができるのはとても感慨深いです。 そして何よりビックリする …

一部分と全体と・・・

例えば、何かがうまく行かない時・・・ “全体” の大きな目的を達成するために何が足りないのか? “一部分” を見直す事がとても大切です。 バレエとして、細かな意識をして直しながら踊る事は結構難しかった …

どんな感じ??

お稽古中に生徒がうまく行っても行かなくても私は必ず 『今どんな感じだった?』 と、尋ねます。 その理由は普段の生活の中で ”自分の身体の感覚を深く考えながら感じる” という事はあまり無いと思うからです …

足指動かせますか?

グー パー チョキ さて、これできますか? 子供のクラスから大人のクラスまで、クラスのはじめに必ず行います。 足の指を使う事はバレエにとっても、土踏まずにとっても、とても大切です。 普段立つ時、歩く時 …

加齢か?それとも・・・

ここのところ、身体のあちこちがミシミシ・・・。痛い場所がでてきたり、重いような!?固まってきているような・・・!? 『ん~さすがにアラフィフ突入はすぐそこだし、これは加齢のせいかな・・・』 と、筋肉の …

tea Ballet Studio

tea Ballet Studio
川崎市多摩区菅2-12-16にある
クラシックバレエ・ピラティス
ヨガ・ヒーリングヨガ・Yinヨガ
のスタジオです

tea バレエスタジオのツイッター





2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829