身体の事

からだの免疫

投稿日:2017年5月22日 更新日:

身体には病気を引き起こすウイルスや細菌といった『病原体』から身体を守る仕組みが備わっています。その仕組みを『免疫』といいます。

『病原体』が身体の中に入ってくると主に『免疫細胞』と呼ばれる細胞たちが、『病原体』をやっつけようと戦ってくれます。
免疫力が強ければ、『病原体』をはねのける事ができますが、疲れていたり、季節の変わり目や、ストレスなどで免疫力が弱くなってしまった時、『病原体』が身体の中に入ってきてしまい、この時に身体は熱を出したり、腫れたりします。つまり、この熱や腫れは『免疫細胞』が『病原体』と戦っている証拠なのです。

この『免疫細胞』は血液やリンパ液の中にいて身体を巡りながらパトロールしてくれています。そのためそれらの巡りを良くする事はとても大切で、そのためにも自律神経の働きや、交感神経と副交感神経のバランスもとても大切です。

風邪をひいた時、熱や鼻水、咳など出ますがその時まさに『免疫細胞』達が戦っているのです。
その症状は『病原体』をやっつけるために起きていますので、軽い風邪であれば、その症状を薬で抑えてしまわずに自分の自然治癒力に任せ、ゆっくり休んで身体の回復を図った方が、実は、薬に頼るより早くスッキリ治る事もあるのです。

しかしその見極めはとても難しいと思うので、日頃から『病原体』に負けないよう『免疫力』を高めておくのが一番ですね!

しっかり食べ、運動して身体の巡りを良くし、しっかり寝る!!!
大切です!!

からだの免疫の面白い本を見つけました!
スタジオの本棚に置いておきますので、ぜひ見てみてください!

 

tea Ballet Studio

京王線京王稲田堤駅徒歩3分、JR南武線稲田堤駅徒歩4分
クラシックバレエ・ピラティス・ヨガ・ヒーリングヨガ・マタニティヨガ・産後ヨガ・Yinヨガ

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-身体の事

執筆者:

関連記事

出来ない理由

何かを試してみてうまくいかない時、どうしてうまく出来なかったのかを考え、その1つ1つをつぶして(できるようにして)いく事はとても大切だと思います。 片脚で立つとグラグラする  ⇒足指が使えていない? …

血液

『車がガソリンで動く』その燃料が必要なように、『人間が活動するのに必要』なのは酸素と栄養です。 人間の身体には約60兆個の細胞があると言われ、その細胞1つ1つへの酸素と栄養は血液によって運ばれます。 …

代わりはありません

“ 一度壊れてしまったものは元には戻せない ” 身体も同じですね。 場所によっては元の状態に戻す事もできますが、“全くの元通り” にはならない事が多いです。 そのため、1つしかない大切な身体を壊す事の …

エネルギー!!!

人間も車と同じでエネルギーが必要。・・・車を動かすには酸素とガソリン、人間は酸素と食べたものがエネルギーとなって活動します。そしてエネルギーも普段から使っていない(動いていない)と出す事(発する事)が …

身体で解ると言う事

頭で、身体の事を理解し、『こう踊りたいからここをこう動かしたい』、『ここを意識しよう』などと、イメージしながら講師の指示とアドバイスをもらいトライする。 レッスンでは講師も手を変え品を変え(!?)様々 …

tea Ballet Studio

tea Ballet Studio
川崎市多摩区菅2-12-16にある
クラシックバレエ・ピラティス
ヨガ・ヒーリングヨガ・Yinヨガ
のスタジオです

tea バレエスタジオのツイッター





2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829