身体の事

からだの免疫

投稿日:2017年5月22日 更新日:

Pocket

身体には病気を引き起こすウイルスや細菌といった『病原体』から身体を守る仕組みが備わっています。その仕組みを『免疫』といいます。

『病原体』が身体の中に入ってくると主に『免疫細胞』と呼ばれる細胞たちが、『病原体』をやっつけようと戦ってくれます。
免疫力が強ければ、『病原体』をはねのける事ができますが、疲れていたり、季節の変わり目や、ストレスなどで免疫力が弱くなってしまった時、『病原体』が身体の中に入ってきてしまい、この時に身体は熱を出したり、腫れたりします。つまり、この熱や腫れは『免疫細胞』が『病原体』と戦っている証拠なのです。

この『免疫細胞』は血液やリンパ液の中にいて身体を巡りながらパトロールしてくれています。そのためそれらの巡りを良くする事はとても大切で、そのためにも自律神経の働きや、交感神経と副交感神経のバランスもとても大切です。

風邪をひいた時、熱や鼻水、咳など出ますがその時まさに『免疫細胞』達が戦っているのです。
その症状は『病原体』をやっつけるために起きていますので、軽い風邪であれば、その症状を薬で抑えてしまわずに自分の自然治癒力に任せ、ゆっくり休んで身体の回復を図った方が、実は、薬に頼るより早くスッキリ治る事もあるのです。

しかしその見極めはとても難しいと思うので、日頃から『病原体』に負けないよう『免疫力』を高めておくのが一番ですね!

しっかり食べ、運動して身体の巡りを良くし、しっかり寝る!!!
大切です!!

からだの免疫の面白い本を見つけました!
スタジオの本棚に置いておきますので、ぜひ見てみてください!

 

tea Ballet Studio

京王線京王稲田堤駅徒歩3分、JR南武線稲田堤駅徒歩4分
クラシックバレエ・ピラティス・ヨガ・ヒーリングヨガ・マタニティヨガ・産後ヨガ・Yinヨガ

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-身体の事

執筆者:

関連記事

軟骨

”軟骨” はみな様もよく耳にする言葉かと思います。 骨と骨とが向き合う関節では、骨端の表面は軟骨で覆われています。 また、股関節・肩関節にある関節唇、膝にある半月板や背骨の間にある椎間板は、関節の安定 …

一部分と全体と・・・

例えば、何かがうまく行かない時・・・ “全体” の大きな目的を達成するために何が足りないのか? “一部分” を見直す事がとても大切です。 バレエとして、細かな意識をして直しながら踊る事は結構難しかった …

いいかげんにやる!?

『人間の持つ機能は、使わなければ退化・萎縮し、適度に使えば発達するが、使いすぎると障害を起こす』 これは『ルーの使用の法則』というドイツの発生学者 ヴィルヘルム・ルーによって提唱された生理学の基本原則 …

つかれるのはダメなの?

何かをするとすぐに 『つかれた~』と言う今時の子供達。 体力が足りないせいかな・・・とは思いますが 『つかれるのってダメなの??』 『つかれるほど頑張ったら、ご飯もおいしいし、夜も良く眠れるよ~』 『 …

そして、大人クラスもオンライン

先日のオンラインデビューの翌日は大人クラスをオンラインクラスで行いました。 さすがに2日目はトラブルなくスムーズにスタート! やはり大人クラス。いつもエクササイズを行っていたので、意図がすぐに伝わり、 …

tea Ballet Studio

tea Ballet Studio
川崎市多摩区菅2-12-16にある
クラシックバレエ・ピラティス
ヨガ・ヒーリングヨガ
のスタジオです

tea バレエスタジオのツイッター





tea バレエスタジオの facebook

ゆめみるバレエちゃんSHOPの facebook

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930