身体の事

呼吸

投稿日:2017年3月14日 更新日:

Pocket

普段は意識しなくても自然に行われている呼吸。
内臓は自分の意識でコントロールする事はできませんが、肺は唯一、呼吸を使う事を意識してコントロールする事が出来ます。

内臓は、自律神経でコントロールされています。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、それぞれの役目を担い、その両方がバランスを取り働いています。

・交感神経 - 活動のスイッチ 
(内臓の働きは抑制され、戦闘モードの身体になります。内臓を守る為に、必要最低限、末端の血管は収縮させ、内臓に血液が巡るように調節します。だから緊張すると手が冷たくなったりするのですね。)
・副交感神経 - リラックスのスイッチ 
(身体を休ませ、内臓が働き、身体をつくる、修復するモードになります。血液で酸素・栄養を運び、老廃物を回収するために、抹消の血管まで広がり、血液の巡りをよくします。)

この、身体の中で、唯一意識してできる呼吸を利用し、内臓器官である肺を自分で動かすことから、自律神経に働きかける事ができます。

ハタヨガやヒーリングヨガ、ピラティスでは、呼吸を意識してその中で、身体を動かす練習をします。

 

tea Ballet Studio

京王線京王稲田堤駅徒歩3分、JR南武線稲田堤駅徒歩4分
クラシックバレエ・ピラティス・ヨガ・ヒーリングヨガ・マタニティヨガ・産後ヨガ・Yinヨガ

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-身体の事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

つかれるのはダメなの?

何かをするとすぐに 『つかれた~』と言う今時の子供達。 体力が足りないせいかな・・・とは思いますが 『つかれるのってダメなの??』 『つかれるほど頑張ったら、ご飯もおいしいし、夜も良く眠れるよ~』 『 …

関節

『関節』とは、バラバラの骨と骨とが向き合っている場所です。 動かないように強くガッチリとかみ合わさっている場所もあれば、動きを作り出せるようにかみ合わさっている場所、向き合っているだけで靭帯と筋肉・腱 …

バレエを習って背が伸びた!!??

大人バレエクラスの生徒から、 『先生!バレエを始めて背が伸びました!!!』 という声が多く聞こえます。 普通は大人になった段階で身体の成長は止まるので、骨が成長して背が伸びる事はありません。(私はお医 …

えっ!呼吸が・・・ヘタなのか??

“呼吸” はとても大切です。 踊っている間の “呼吸” ももちろん、とても大切です。 バレエでは “軽さ” を求めて 身体を床から離す(?)伸ばす(?)ようにしますが、この事を “引き上げる” と言う …

筋肉とストレッチ

『身体が固いのでやわらかくしたいんです・・・』というお問い合わせや、ご希望をよく聞きます。 そして、その次の言葉はたいてい『実は運動が苦手で・・・』とか『運動は全くしていません』と続くように思います。 …

tea Ballet Studio

tea Ballet Studio
川崎市多摩区菅2-12-16にある
クラシックバレエ・ピラティス
ヨガ・ヒーリングヨガ
のスタジオです

tea バレエスタジオのツイッター





tea バレエスタジオの facebook

ゆめみるバレエちゃんSHOPの facebook

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930