身体の事

関節

投稿日:2017年1月30日 更新日:

Pocket

『関節』とは、バラバラの骨と骨とが向き合っている場所です。

動かないように強くガッチリとかみ合わさっている場所もあれば、動きを作り出せるようにかみ合わさっている場所、向き合っているだけで靭帯と筋肉・腱で支えられている場所など、関節の用途ごとに様々な特性、つくりに違いがあります。

アライメント』の回でもお話ししたように、アライメントから外れる事でケガに繋がってしまう事もあります。そして、関節がそれぞれ持つ特性を生かせなくなってしまう事もあるのです。
特にバレエでは、可動範囲(動ける範囲)を出来るだけ大きく使いたい関節が多いので、アライメントから外れる事は、可動範囲が小さくなってしまい、本来持っている自分の身体の可能性を閉じてしまう場合があります。

例えば、身近にあるドア(扉)をイメージしてください。
ドア自身と、ドア枠のアライメントが整っていることで、スムーズにいっぱいまで開ける事ができ、きちんと閉める事も出来ます。
しかし、ドア自身が斜めになってしまったり、ドア枠が歪んでしまったり、蝶番(ちょうつがい)が正しく機能しない状態では、スムーズに開ける事も、きちんと閉める事も出来なくなり、それをそのままにして使い続ければ、そのうち壊れてしまいます。

日頃のクセなどでいつの間にかアライメントから外れてしまっていませんか?

人の身体のつくりは大体同じなのですが、みな様の顔がそれぞれ違うように、細かい場所は一人一人違います。

自分の身体について知りたくなりましたか??
ぜひ、スタジオにいらして下さい!!

 

 

tea Ballet Studio

京王線京王稲田堤駅徒歩3分、JR南武線稲田堤駅徒歩4分
クラシックバレエ・ピラティス・ヨガ・ヒーリングヨガ・マタニティヨガ・産後ヨガ・Yinヨガ

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-身体の事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

筋肉の緊張③

筋肉の緊張(コリ・こわばり)は動かさずにいたり、同じ姿勢をとり続けたりしても、疲労が溜まり起こる事があります。 『 筋肉の緊張① 』でも書いた通り、筋肉も血液の循環によって、栄養・酸素をもらい老廃物を …

筋トレ

バレエ・ピラティス・ヨガでは、それぞれの目的に向かって、筋トレも行います。 みな様それぞれ、普段から使い慣れてスイッチが入りやすくなっている筋肉があり、そこで身体を支えたりそこを使って動きを作り出して …

こんな時だから②

本当に大変な世の中・そして毎日・・・ できるだけ外に出ないよう・・・自粛要請に協力する事で命を守る事ができる。 何よりも命は大切。 どうか早い終息を願うばかりです。 私自身、今までこんなに長くバレエか …

靭帯(じんたい)って??

靭帯(じんたい)とは、バラバラに並ぶ骨と骨とをつなぐ、強いゴムバンドの様な役目を果たす部分です。 その働きは、関節が可動範囲を超えて動かされるのを防いだり、運動方向の制限をします。 そして、靭帯が切れ …

久々にまたやってもうた・・・

先日、クラス指導前に、大腿四頭筋(腿の前側)と腸腰筋(右図の大腰筋と腸骨筋。身体の深部にあります)がすごく縮んでいる感覚があり、とりあえずストレッチ・・・。とても気持ち良く伸ばして、 『う~ん、もうち …

tea Ballet Studio

tea Ballet Studio
川崎市多摩区菅2-12-16にある
クラシックバレエ・ピラティス
ヨガ・ヒーリングヨガ・Yinヨガ
のスタジオです

tea バレエスタジオのツイッター





2020年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930