子供バレエ 大人バレエ 身体の事

靭帯(じんたい)って??

投稿日:2017年11月27日 更新日:

Pocket

靭帯(じんたい)とは、バラバラに並ぶ骨と骨とをつなぐ、強いゴムバンドの様な役目を果たす部分です。

その働きは、関節が可動範囲を超えて動かされるのを防いだり、運動方向の制限をします。
そして、靭帯が切れたり、急激に伸びたりするのが捻挫で、関節が外れてしまうのが脱臼です。
一度壊してしまうと治すのに時間が必要で、場合によっては完全に元の状態に戻せない事もあります。

筋肉とは違い、靭帯だけで関節を動かす事はできません。筋肉に比べ強くなる年齢が遅いため、小さい子供のうちには身体が柔らかいのもそのためです。

いつも同じ靭帯を繰り返し伸ばすと靭帯自体も少しずつ伸びてゆるくなり、関節の可動範囲が広がります。
しかし、その反面、場所によっては関節の安定性を保つ事が難しくなり、ケガをしやすいウイークポイントになってしまう事もあります。
場所によって、身体の安定性のための強さも必要ですし、可動範囲を広げるための柔軟(ストレッチ)も必要です。

人はそれぞれ、硬い場所や柔らかい場所も違いますし、身体の場所によっては、柔らかくし過ぎない方が良い所もあります。

また、身体の成長と靭帯が強くなるのを待って柔軟を行った方が良い場所もあるので、年齢によって柔軟の強度と加減も大切になってきます。

生徒達にはいつも、
『自分の身体はこの世に一つ。一度壊すと二度と元には戻れないから、いつもアライメントを考え、注意深く、壊さないように大切に使う事!!!!』
と、しつこく、しつこ~~~く言っています。

 

tea Ballet Studio

京王線京王稲田堤駅徒歩3分、JR南武線稲田堤駅徒歩4分
クラシックバレエ・ピラティス・ヨガ・ヒーリングヨガ・マタニティヨガ・産後ヨガ・Yinヨガ

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-子供バレエ, 大人バレエ, 身体の事

執筆者:

関連記事

コンテンポラリーダンスクラスがスタートします!

さて、9月から念願のコンテンポラリーダンスクラスがスタートします!! 現代のバレエダンサーはクラシックのみならず、コンテンポラリーダンス等、多種多様化を求められています。 このクラスでは『同じ身体の違 …

2019 発表会に向けて⑦

先日、発表会の通し稽古を舞台監督・照明プランナーに観ていただきました。 今回の舞台監督は福田彩子さん、照明プランナーは毎回お願いしている梶田俊哉さんです。 ” バレエのプロ ” に生徒の動きを見ていた …

イメージする

『こうなりたい!』『こうしたい!!』 頭の中で具体的にイメージすることはとても大切です。 色々な感覚の回にも少し書きましたが、身体の表面にある筋肉は自分の意志でコントロール出来るものも多いですが、身体 …

鼻呼吸と口呼吸

ヨガクラスでは『 鼻から吸って鼻から吐く』 ピラティスクラスでは『 鼻から吸って口から吐く 』 この ” 呼吸 ” を意識しながら動く練習をします。 クラスの中で大人の方やバレエクラスの子供達に、まれ …

やるのは自分!

今の世の中はバーチャルの世界に慣れ過ぎてしまっているのか? 自分の身体に実感が無いように見える子供が多いように感じる事があります。 クラスの中で私が良く言う言葉があります 「やるのは自分!!!!」 お …

tea Ballet Studio

tea Ballet Studio
川崎市多摩区菅2-12-16にある
クラシックバレエ・ピラティス
ヨガ・ヒーリングヨガ
のスタジオです

tea バレエスタジオのツイッター





tea バレエスタジオの facebook

ゆめみるバレエちゃんSHOPの facebook

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930