子供バレエ 身体の事

傘を振れない??!

投稿日:

今度の発表会の中で、傘を持って踊る作品があります。
この作品は第1回の発表会で私が創作したもので、師匠のスタジオで子供クラスを担当していた頃にも上演。今回で3回目です。さらに今回踊る生徒に合わせて手直ししています。

“ 途中、傘を閉じ、最後にまた傘を開く ” 作品。
細かくは、途中で傘を閉じて横向きに両手でギュッと握って踊り、さらに床に一度置いてひと踊りした後、最後は傘を開いてポーズをする振付です。

この傘は、今や一般的なワンタッチ傘(ジャンプ傘??)ではないので、傘の柄の部分に手を差し入れて、ひっかかりを押しながら開かなければなりません。

この作品を踊るのは小学校3年生。
最後に “ サラッ ” と傘を開いてポーズ!!で終わりたいのですが、ペタッとしぼんで閉じた状態の傘にうまく手を入れる事が出来ず、なかなかスムーズに傘を開く事が出来ません・・・おまけに最後のポーズの音は決まっているので、焦れば焦るほどうまくいかず、見ているこちらも本人もドギマギしてしまいます。。。

 

これでは・・・、と思い、

『傘を持ったら一度傘を “ 振って ” 開いていいよ!!!』

と言ったところ、

『????』

『こうやってみて』(傘をふって見せる)

『・・・・』(うまくできず・・・)

なんと!傘を振ったことが無かったとの事!!驚きました!!!

そう考えると、今はドアのノブ・蛇口・雑巾しぼり etc・・・
手首や前腕をねじる動きをする事は少なくなっているかも・・・・

これは必要だと思い特訓開始~~!

今ではうまく振れるようになりました。

ちなみに、使い終わった道具は自分たちできれいに片づけるのも鉄則。傘をきれいにたたむ事も出来ず、何度も先生たちにダメ出しされていましたが、今ではとても素敵にきれいにたためるようになりました。

一体何の教室!!???

でもこういう一つ一つがとても大切な事だと思います。

 

 

 

tea Ballet Studio

京王線京王稲田堤駅徒歩3分、JR南武線稲田堤駅徒歩4分
クラシックバレエ・ピラティス・ヨガ・ヒーリングヨガ・Yinヨガ

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-子供バレエ, 身体の事

執筆者:

関連記事

進級

春は進学や就職で卒業していく生徒や、受験に向けてレッスン日を減らす生徒もいて少々さみしい季節でもありますが、新しく入会する生徒を迎える出会いの季節でもありますね。 復活する生徒もいます!(再会!?&再 …

筋肉の緊張③

筋肉の緊張(コリ・こわばり)は動かさずにいたり、同じ姿勢をとり続けたりしても、疲労が溜まり起こる事があります。 『 筋肉の緊張① 』でも書いた通り、筋肉も血液の循環によって、栄養・酸素をもらい老廃物を …

成長と共に骨の数は減ります①

⇒『骨!骨!骨!①』 ・子供の骨の数・・・約350個 ・大人の骨の数・・・約200個 子供の骨は成長するため、あちらこちらに『成長軟骨』が存在していて、大人への成長に伴い『成長軟骨』が骨に置き換えられ …

呼吸

普段は意識しなくても自然に行われている呼吸。 内臓は自分の意識でコントロールする事はできませんが、肺は唯一、呼吸を使う事を意識してコントロールする事が出来ます。 内臓は、自律神経でコントロールされてい …

お手伝いしていますか?

バレエでは、踊りながらもたくさんの事に注意を払わなければなりません。 (バレエだけではないと思いますが・・・) ・顔、腕、脚のポジション、身体の向きなどの決まり事 ・前回注意された事 ・自分のクセ ・ …

tea Ballet Studio

tea Ballet Studio
川崎市多摩区菅2-12-16にある
クラシックバレエ・ピラティス
ヨガ・ヒーリングヨガ・Yinヨガ
のスタジオです

tea バレエスタジオのツイッター

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930