teaバレエスタジオブログ

神奈川県川崎市稲田堤 teaバレエスタジオのブログ

雑談

舞台裏の教科書!!?

投稿日:

主人の仕事の先輩、『里村和美さん』が翻訳した舞台裏の教科書。私も興味津々!!読ませていただいております。その名も、

 『ステージリギングハンドブック』

 

以前の回で、裏方さん用語について書きましたが(裏方さんの使う言葉)まだまだ知らない事柄がたくさん!!

この『リギング』という言葉は全く聞いたことのない言葉。海外ではその専門スタッフがいるとの事。日本では大道具さんがその役目を果たす事が多く、その基礎的な事がとても詳しく書いてあります。

 

舞台は元々空っぽの状態でお借りして、そこに裏方さんが公演に必要なものを仕込んで行きます。

 

 

 

 

舞台の天井にはバトンという長ーい竿のような鉄パイプがたくさんあり、そこに幕や照明などを吊りこんで行きます。海外から来日したオペラ・バレエ公演や、コンサート・ライブ等で、劇場の寸法に合わない空中物を仮設したりもする事もあり、この辺りも『リギング』に含まれるそう。

 

 

 

 

 

オペラやバレエなどの大きな公演では、大きくて重量のある装置を吊りあげる事がよくあります。それらのバトンは綱元で人力で操作する場合と、電動で動く物とがあります。綱元では重りを積んで、吊り込んだ物とバランスを取ります。(人力の綱元→)

 

照明や舞台装置を動かす事は人命にかかわる事。つまり危険と隣り合わせです。
それらをより安全に行うために必要な事を計算したり、計画する事が、この『リギング』というポジションだそうです。

 

まだ入り口しか読んでいませんが、本を開いた瞬間に『物理・数学の教科書??!』というくらい色々な公式・図・説明!!でもとてもわかりやすい。

学生の頃は『何のためにこんな勉強をするのだろう・・・』と、思う事が多かったですが、今になると、本当に色々な事が繋がってくるのだなぁ~とつくづく思います。

 

でも私はどちらかというとそちらの系の勉強はパズルのような感覚にとらえて好きだったので、この本も『へぇ~!!』と、すんなり入って来ます。

 

色々な事を知る事で、ここから『バレエに繋がりそう!!』とワクワクしながら読み進んでいます。

 

 

この本にご興味がある方はお声がけください!(手元に在庫あります。ちなみに書店・ネットでは購入できません。)

 

 

 

tea Ballet Studio

京王線京王稲田堤駅徒歩3分、JR南武線稲田堤駅徒歩4分
クラシックバレエ・ピラティス・ヨガ・ヒーリングヨガ

 

ゆめみるバレエちゃんSHOP

ちょっとかわいいゆめみるバレエちゃんグッズ

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-雑談

執筆者:

関連記事

からだ 『筋肉の緊張③』

筋肉の緊張(コリ・こわばり)は動かさずにいたり、同じ姿勢をとり続けたりしても、疲労が溜まり起こる事があります。 『 筋肉の緊張① 』でも書いた通り、筋肉も血液の循環によって、栄養・酸素をもらい老廃物を …

踊り納め 2017’

昨日(28日)で通常レッスンは踊り納めでした。  ←アッパークラス・健二先生のハイパー腹筋!!   本日(29日)は今年最後の近藤徹志先生の発表会リハーサルがあり、これでスタジオは踊り納めで …

小旅行②

ビールの次は 『 ロンちゃん 』に会うため小田急線開成駅前へ。 小田急育ちの主人の影響で、私も興味津々でついて行きました。 2000年に引退して翌2001年に静態保存された、ロマンスカーの3100形の …

嬉しい事③

先日、ある生徒のママから、ちょっとした連絡と一緒にこのようなメールを頂きました。 『娘はバレエから帰ってくると、いつもいい顔をしています。少し前は、うまく出来た事を嬉しそうに話題にしていましたが、最近 …

いつもと違う生徒の姿に・・・②

先日、生徒から『ヴァイオリン&ピアノの発表会に出ます!!』との案内があり主人と足を運びました。 普段、バレエでの姿しか見る事のない生徒のいつもと違う姿を見る事は、とても興味があります。   …

tea Ballet Studio

tea Ballet Studio
川崎市多摩区菅2-12-16にある
クラシックバレエ・ピラティス
ヨガ・ヒーリングヨガ
のスタジオです

テーマ