身体の事

細く長く。。。

投稿日:2017年4月29日 更新日:

Pocket

これではなんだか年越しそばのようなセリフですが・・・・
実はバレエやピラティスでの筋肉の使い方なのです。

『”筋肉を使う”って?力を入れる事ですか?』
と、生徒から良く質問を受けます。

筋肉には主に3つの働き方があります。 *”力こぶ”の筋肉(上腕二頭筋)を例に書いてみます
・筋肉が縮まりながら働く
 (例えば…ウエイトを持ち肘を伸ばしているところから曲げてくる)
・筋肉が伸びながら働く 
 (例えば…ウエイトを持ち肘を曲げているところから伸ばす)
・筋肉を同じ長さのまま保つ
 (例えば…ウエイトを持ち肘を曲げそのままキープする)

バレエやピラティスでは、このうちの ”伸びながら働く” をよく使います。
もちろん100%それだけではないのですが・・・

ともすると、最初の質問の答えがなんとな~くイメージできたでしょうか?
みな様の顔が違うように身体も感覚も人それぞれです。
私の感覚で言うならば、”力を入れる事” と ”使う事” は全く別の動作です。

力を入れすぎると力みにつながり筋肉は固く太く短く重く、そして関節は閉じ、動きにくくなってしまいます。

バレエでは身体全体を細く長くそしてまるで体重が無いかのように軽く!!!
唯一力をグッと入れて良いのは『土踏まず』。それのみです!!!

 

tea Ballet Studio

京王線京王稲田堤駅徒歩3分、JR南武線稲田堤駅徒歩4分
クラシックバレエ・ピラティス・ヨガ・ヒーリングヨガ・マタニティヨガ・産後ヨガ・Yinヨガ

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-身体の事

執筆者:

関連記事

小さくても大切です

足指は小さいけれどとても大切です。 足指は足裏のアーチに関わり、そのアーチは身体のアライメントにも関わってきます。 また指の腹でしっかり床を押して身体を引き上げ・安定させたり、蹴ったりこすったりするこ …

ため息をつくと・・・・

『 ため息をつくと幸せが逃げる・・・ 』などと聞くので、ため息にはネガティブなイメージがあるかもしれません・・・・ ところがため息は身体にとってとても良い事だと思います。 『 呼吸 』の回にも書きまし …

いつも全力で!

『 本番は1度きり 』 どんな事でも同じだと思いますが、例外なくバレエも同じです。 本番で自分の実力を全て出し切る事はとても難しい事だと思います。 たとえスタジオで『100%!!』と思っていても、本番 …

その後・・・

先日の『やってもうた』のその後・・・。生徒でもある整形外科の先生に尋ねてみたところ・・・ 『あ~それはね。肋骨の骨膜に傷がついたり、ちょっとはがれちゃったりしている症状だね。風邪で咳が止まらなくなった …

続けて、再開!!

もう少しで丸2年。大人クラス生徒のお父様とお母様のプライベートレッスン。 こちらも例外なくお休みをしておりました。 もともとあまり運動がお好きではないというお二人。今後どうかな・・・??と思っていたと …

tea Ballet Studio

tea Ballet Studio
川崎市多摩区菅2-12-16にある
クラシックバレエ・ピラティス
ヨガ・ヒーリングヨガ・Yinヨガ
のスタジオです

tea バレエスタジオのツイッター





2020年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031