子供バレエ

てんし・・・?

投稿日:2017年12月9日 更新日:

Pocket

骨盤を水平に保って動く事は、バランスを保ちやすくするのに大切な事です。
骨盤の上には背骨がのっているので、骨盤が傾斜すれば、背骨もゆがみ、一番上には大切な脳を収める重たい頭があるので、それを守りながら、バランスを取るために、背骨は複雑な配列になります。

背骨は小さなブロックが積み重なったように並び、1つ1つが動ける範囲はとても小さく、全体で大きな動きを作り出すので、アライメントが整っている状態で一番可動域が大きくなり、そこから外れると可動域が極端に狭まり、動きにくさや硬さへと繋がります。

 

クラスが上がってくると徐々に脚を高くあげる練習を始めます。
脚を高くあげる時、”てんし” が重要になってきます。

小学校高学年以上のクラスで
『脚を前と横に高くあげたい時、骨盤を歪ませないようにするためには ”だいてんし” が骨盤に当たらないよう腿の骨をたくさん外に回さないと、骨盤に ”だいてんし” が当たって骨盤が歪んでバランスがとりにくくなるし脚も高くあげられなくなるよ!!!』

『???????????』

子供たちの頭の上に ”天使ちゃん”が浮かんで飛びまわっているのが見えました!!!!!

 


『あのう・・・天使じゃなくて、漢字で書くと ”大転子” ね』

『あぁ~!』『へぇ~!!』

 

 

理解できたか否か・・・。無事に解決した様子です・・・・
(でも・・・これまでも何度か説明しているのですけどね・・・・)

 

 

tea Ballet Studio

京王線京王稲田堤駅徒歩3分、JR南武線稲田堤駅徒歩4分
クラシックバレエ・ピラティス・ヨガ・ヒーリングヨガ・マタニティヨガ・産後ヨガ・Yinヨガ

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-子供バレエ

執筆者:

関連記事

靭帯(じんたい)って??

靭帯(じんたい)とは、バラバラに並ぶ骨と骨とをつなぐ、強いゴムバンドの様な役目を果たす部分です。 その働きは、関節が可動範囲を超えて動かされるのを防いだり、運動方向の制限をします。 そして、靭帯が切れ …

2019発表会に向けて⑥

今回の発表会は7月最後の日曜日。 これはまさに発表会の “ど・シーズン ” で、スタッフさんもそれぞれの本番に追われてしまうので、かなり早めに照明下見をお願いしました。 その前に『 生徒だけで通してお …

最初からできなくて当たり前

最近、初めての事に挑戦する時、泣き出してしまう子供が多いように感じます。 もちろんベビークラスでは、難しい事は出来ないので、出来る事から始めます。 ”  何でも出来て当たり前 褒められて当たり前  ” …

汗をかけない子供

だんだんと日も長くなり春らしく暖かくなってきました。これから運動に向く季節になりますね。 そしてここのところ、暑くても汗をかけずに顔を真っ赤にしている子供が増えてきているように思います。 運動を行うと …

コワイ・・・?!

先日、べビークラスの始まる前にある生徒(年長さん)のママが神妙な面持ちで、 『ちょっとお話したい事があるのですがいいですか・・・』と仰りながら近づいてきました。 『最近バレエに行く前に泣き出します。今 …

tea Ballet Studio

tea Ballet Studio
川崎市多摩区菅2-12-16にある
クラシックバレエ・ピラティス
ヨガ・ヒーリングヨガ・Yinヨガ
のスタジオです

tea バレエスタジオのツイッター





2020年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031