子供バレエ

てんし・・・?

投稿日:2017年12月9日 更新日:

Pocket

骨盤を水平に保って動く事は、バランスを保ちやすくするのに大切な事です。
骨盤の上には背骨がのっているので、骨盤が傾斜すれば、背骨もゆがみ、一番上には大切な脳を収める重たい頭があるので、それを守りながら、バランスを取るために、背骨は複雑な配列になります。

背骨は小さなブロックが積み重なったように並び、1つ1つが動ける範囲はとても小さく、全体で大きな動きを作り出すので、アライメントが整っている状態で一番可動域が大きくなり、そこから外れると可動域が極端に狭まり、動きにくさや硬さへと繋がります。

 

クラスが上がってくると徐々に脚を高くあげる練習を始めます。
脚を高くあげる時、”てんし” が重要になってきます。

小学校高学年以上のクラスで
『脚を前と横に高くあげたい時、骨盤を歪ませないようにするためには ”だいてんし” が骨盤に当たらないよう腿の骨をたくさん外に回さないと、骨盤に ”だいてんし” が当たって骨盤が歪んでバランスがとりにくくなるし脚も高くあげられなくなるよ!!!』

『???????????』

子供たちの頭の上に ”天使ちゃん”が浮かんで飛びまわっているのが見えました!!!!!

 


『あのう・・・天使じゃなくて、漢字で書くと ”大転子” ね』

『あぁ~!』『へぇ~!!』

 

 

理解できたか否か・・・。無事に解決した様子です・・・・
(でも・・・これまでも何度か説明しているのですけどね・・・・)

 

 

tea Ballet Studio

京王線京王稲田堤駅徒歩3分、JR南武線稲田堤駅徒歩4分
クラシックバレエ・ピラティス・ヨガ・ヒーリングヨガ・マタニティヨガ・産後ヨガ・Yinヨガ

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-子供バレエ

執筆者:

関連記事

よく話を聞く よく観察する

レッスン中に ・話半分(最後まで話を聞かずに)で動き出す ・講師を見ずに ”振り” や ”パ” の順番を聞いている ・見ているようでよく見ていない(??) という生徒を見かけます。 ベビークラスや小学 …

つながる瞬間

初めのうちは何だか分からないまま、講師の真似をしたり、指示通りに、とりあえずやってみる。。。。 そのうちにだんだんと身体の感覚が目覚め、自分で、『こうかな?』『ああかな?』と身体を使う感覚の ”パーツ …

最初からできなくて当たり前

最近、初めての事に挑戦する時、泣き出してしまう子供が多いように感じます。 もちろんベビークラスでは、難しい事は出来ないので、出来る事から始めます。 ”  何でも出来て当たり前 褒められて当たり前  ” …

ゴールデンセミナーウイーク

本来なら新学期が始まり、進級やクラス替え・・・ とても楽しいにしていた講師向けのバレエセミナー。 こちらも例外なくオンライン受講にになりましたが、とても楽しく嬉しく、勉強になりました。 解剖学は私の師 …

忍者の卵??

先日のベビークラスで 『せんせい!あたし、ほいくえんで、にんじゃのしゅぎょうしてるんだ!!』 えっ!な!な!なんと!!! これは一体なんなのか!?色々と聞いてみたかったのですが、発表会の振付や練習がた …

tea Ballet Studio

tea Ballet Studio
川崎市多摩区菅2-12-16にある
クラシックバレエ・ピラティス
ヨガ・ヒーリングヨガ
のスタジオです

tea バレエスタジオのツイッター





tea バレエスタジオの facebook

ゆめみるバレエちゃんSHOPの facebook

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930