身体の事

筋肉の緊張②

投稿日:2017年4月13日 更新日:

Pocket

筋肉の緊張(コリ こわばり)は、『オーバーユース』つまり『使いすぎ』によって起こる事もあります。

身体全体のアライメントが崩れると、身体は重力に負けて崩れていく訳にはいかないので、身体を支えるため重力に対抗し常に働きっぱなしの場所が出てきます。
身体の一番上には重い ”頭” が乗っていますので、頭を守るためにバランスをとって色々な場所が働きます。

アライメントが整い自然にバランスが取れていれば余計な力を抜くことができます。

子供の頃、掃除の時間にほうきを逆さまにして、手のひらでバランスをとって遊んだりしましたが(私だけでしょうか・・・?)ほうきが斜めになってしまえば下に落ちますし、斜めのままでキープするには手のひらで握ったりする等、力が必要ですよね。

また、重たいものをずーっと同じ腕で同じ様に持っていれば、色々な所が疲れてきます。
身体自身にも重さがありますので、その重さをずっと支えなくてはならなくなってしまえば、筋肉を使いっぱなしのオーバーユース状態になってしまい筋肉が悲鳴を上げます。

よくある例をあげると・・・・
・猫背によって頭が前へ→頭が下に落っこちないように首の後ろ側や肩の筋肉がオーバーユース状態になる
・猫背によって背中が丸まり肩甲骨が前へ滑り落ちる→その先にある腕を支えるために肩の上の筋肉がオーバーユース状態になる(普段はあまり気が付きませんが、腕は結構重たいのです)

筋肉が緊張する事で『 筋肉の緊張① 』でも書いたように血液の流れが悪くなり、老廃物がたまり、ますます筋肉がこわばり硬くなり・・・と悪循環が起きてしまいます。

マッサージする事も気持ち良くていいですが、アライメント自体を良い状態に保たなければ、また元通りのこりやこわばりが戻ってきてしまいます。

身体全体のアライメントを整えるのに、腹筋やインナーマッスルはとても大切です。

 

tea Ballet Studio

京王線京王稲田堤駅徒歩3分、JR南武線稲田堤駅徒歩4分
クラシックバレエ・ピラティス・ヨガ・ヒーリングヨガ・マタニティヨガ・産後ヨガ・Yinヨガ

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-身体の事

執筆者:

関連記事

時間をかけて

今は何でも ”早さ” を求められる事が多大。 しかし、身体の事となるとなかなかそうはいきません。 何でも結果をすぐに求めたくなりがちですが、大人でさえ毎日変化する身体。まして、子供たちは日々成長してゆ …

細く長く。。。

これではなんだか年越しそばのようなセリフですが・・・・ 実はバレエやピラティスでの筋肉の使い方なのです。 『”筋肉を使う”って?力を入れる事ですか?』 と、生徒から良く質問を受けます。 筋肉には主に3 …

体力と学力

最近読んだ記事にありました。 『アメリカの研究チーム科学者達が子供の体力を正確に把握するため、心肺機能・筋力・敏捷性を計測したところ、体力のある子供達は算数と読解のテストにおいて高得点でした。しかも体 …

その後・・・

先日の『やってもうた』のその後・・・。生徒でもある整形外科の先生に尋ねてみたところ・・・ 『あ~それはね。肋骨の骨膜に傷がついたり、ちょっとはがれちゃったりしている症状だね。風邪で咳が止まらなくなった …

身体を温める

毎日ビックリするくらい暑い日が続いていますね。 スタジオは夏休みに入りましたが、自習組とコンクール練習組とで休まずスタジオに来て汗を流している生徒もいます。 以前の『湯船に入っていますか?』でも書きま …

tea Ballet Studio

tea Ballet Studio
川崎市多摩区菅2-12-16にある
クラシックバレエ・ピラティス
ヨガ・ヒーリングヨガ
のスタジオです

tea バレエスタジオのツイッター





tea バレエスタジオの facebook

ゆめみるバレエちゃんSHOPの facebook

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930