身体の事

筋肉の緊張②

投稿日:2017年4月13日 更新日:

Pocket

筋肉の緊張(コリ こわばり)は、『オーバーユース』つまり『使いすぎ』によって起こる事もあります。

身体全体のアライメントが崩れると、身体は重力に負けて崩れていく訳にはいかないので、身体を支えるため重力に対抗し常に働きっぱなしの場所が出てきます。
身体の一番上には重い ”頭” が乗っていますので、頭を守るためにバランスをとって色々な場所が働きます。

アライメントが整い自然にバランスが取れていれば余計な力を抜くことができます。

子供の頃、掃除の時間にほうきを逆さまにして、手のひらでバランスをとって遊んだりしましたが(私だけでしょうか・・・?)ほうきが斜めになってしまえば下に落ちますし、斜めのままでキープするには手のひらで握ったりする等、力が必要ですよね。

また、重たいものをずーっと同じ腕で同じ様に持っていれば、色々な所が疲れてきます。
身体自身にも重さがありますので、その重さをずっと支えなくてはならなくなってしまえば、筋肉を使いっぱなしのオーバーユース状態になってしまい筋肉が悲鳴を上げます。

よくある例をあげると・・・・
・猫背によって頭が前へ→頭が下に落っこちないように首の後ろ側や肩の筋肉がオーバーユース状態になる
・猫背によって背中が丸まり肩甲骨が前へ滑り落ちる→その先にある腕を支えるために肩の上の筋肉がオーバーユース状態になる(普段はあまり気が付きませんが、腕は結構重たいのです)

筋肉が緊張する事で『 筋肉の緊張① 』でも書いたように血液の流れが悪くなり、老廃物がたまり、ますます筋肉がこわばり硬くなり・・・と悪循環が起きてしまいます。

マッサージする事も気持ち良くていいですが、アライメント自体を良い状態に保たなければ、また元通りのこりやこわばりが戻ってきてしまいます。

身体全体のアライメントを整えるのに、腹筋やインナーマッスルはとても大切です。

 

tea Ballet Studio

京王線京王稲田堤駅徒歩3分、JR南武線稲田堤駅徒歩4分
クラシックバレエ・ピラティス・ヨガ・ヒーリングヨガ・マタニティヨガ・産後ヨガ・Yinヨガ

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-身体の事

執筆者:

関連記事

寝る子は育つ

最近はやっと涼しくなり、夜も眠りやすくなってきましたね。 生徒達に『夜更かししないで早く寝なさいよ!!!』 小学校入学前の生徒には20時、小学生低学年には21時には寝るように、良~く良く言いつけていま …

どんな感じ??

お稽古中に生徒がうまく行っても行かなくても私は必ず 『今どんな感じだった?』 と、尋ねます。 その理由は普段の生活の中で ”自分の身体の感覚を深く考えながら感じる” という事はあまり無いと思うからです …

言葉の力

先日の大人クラス。 ある生徒は、私のスタジオに来る前からバレエを習っていてバレエ歴もあるとの事。ストレッチをもう少し深く行うよう促したところ、だいぶ前に内もものストレッチ中に “ピキッ” と・・・。す …

おサボりセンサー

私の身体にはあちこちに ”おサボりセンサー” が備わっています。 2002年にヤン・ヌイッツ先生のバレエセミナーに参加し、ヤン先生、郷路泰子先生、フランシス・ウエイツ先生に出会い、それまで習ってきたバ …

使い慣れた筋肉

今までの生活や行ってきた運動や行動から、みな様には使い慣れた、スイッチの入りやすい筋肉があります。筋肉にはそれぞれの働きがあり、筋肉によってはバレエで動きやすくなる場合と、逆に身体の中で闘いが起き、邪 …

tea Ballet Studio

tea Ballet Studio
川崎市多摩区菅2-12-16にある
クラシックバレエ・ピラティス
ヨガ・ヒーリングヨガ・Yinヨガ
のスタジオです

tea バレエスタジオのツイッター





2020年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031