身体の事

筋肉の緊張①

投稿日:2017年4月3日 更新日:

以前『呼吸』の回でも書きましたが、身体は自律神経によってバランスを保たれています。

交感神経(活動のスイッチ)が活発化しこの状態が続くと、筋肉や血管の収縮を招き、血液の流れが悪くなります。
血液は細胞に酸素と栄養を運び、老廃物を回収する役目もあるので、細胞は酸欠になり、老廃物が蓄積していき、さらに筋肉が硬くなる・・・という事が起こり、コリや痛みとなって感じるようになる事もあります。

トレーニングをして身体のアライメントを保つことも、ケガの予防や痛みに有効ですが、ストレスなども交感神経優位の状態になりやすいので、スイッチの切り替えを上手にし、自律神経のバランスを保つ事も筋肉の緊張をほどくのに有効です。

運動をする事で血液の流れが良くなったり、ヨガや、ピラティスで意識して呼吸をする事でも副交感神経にスイッチが入りやすくなり、筋肉の緊張へのアプローチができます。

また、ヒーリングヨガYinヨガは筋肉の緊張をほどく事にアプローチします。

カチカチに固まってしまった身体をほぐせるかもしれません!

 

tea Ballet Studio

京王線京王稲田堤駅徒歩3分、JR南武線稲田堤駅徒歩4分
クラシックバレエ・ピラティス・ヨガ・ヒーリングヨガ・マタニティヨガ・産後ヨガ・Yinヨガ

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-身体の事

執筆者:

関連記事

寝る子は育つ

最近はやっと涼しくなり、夜も眠りやすくなってきましたね。 生徒達に『夜更かししないで早く寝なさいよ!!!』 小学校入学前の生徒には20時、小学生低学年には21時には寝るように、良~く良く言いつけていま …

細く長く。。。

これではなんだか年越しそばのようなセリフですが・・・・ 実はバレエやピラティスでの筋肉の使い方なのです。 『”筋肉を使う”って?力を入れる事ですか?』 と、生徒から良く質問を受けます。 筋肉には主に3 …

血液

『車がガソリンで動く』その燃料が必要なように、『人間が活動するのに必要』なのは酸素と栄養です。 人間の身体には約60兆個の細胞があると言われ、その細胞1つ1つへの酸素と栄養は血液によって運ばれます。 …

骨盤を立てて座っていますか?

骨盤は上半身の土台となり、上はに背骨が並んで立っています。 骨盤を後傾(お腹を落として後ろに傾け腰を丸める)事でその上にある背骨は全体が丸くなり、いわゆる ”猫背” の状態になります。 そうなると肩甲 …

エクササイズ??

先日のJr1クラスで。 生徒達はサボっている?!つもりは全くない??!! なんとなくは動いているのですが、あまりにも身体を使って動かないので、変化を期待して・・・ バスタオルを丸め “ボール投げ” を …

tea Ballet Studio

tea Ballet Studio
川崎市多摩区菅2-12-16にある
クラシックバレエ・ピラティス
ヨガ・ヒーリングヨガ・Yinヨガ
のスタジオです

tea バレエスタジオのツイッター





2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829