子供バレエ 大人バレエ 身体の事

違うアプローチ

投稿日:

Pocket

身体は望む動きを繰り返し練習する事で、その動き方のコーディネーションを記憶し、考えなくても自動的に動けるようなスイッチを段々と構築してゆきます。
自転車をこぐ動きなど良い例ですね。

バレエでもこれを利用し、腹筋や土踏まず・内ももを、考えなくても身体が自動的に反応出来るよう、エクササイズ・トレーニングで望む動きを繰り返し行います。

しかし、間違えた記憶や望まない動きが身についてしまうと、それが逆効果に働いてしまっている場合があります。

みな様の顔がそれぞれ違うように身体も違います。人によって使いやすい使い慣れている筋肉も違いますし、使い方のクセもあり、似たような動きを望まない筋肉で行ってしまう事もできます。
(それがケガや痛み、動きにくさの原因となってしまう事もあります。)

一度構築して記憶してしまうと、違うスイッチに再構築する事がなかなか難しくなってしまう事があります。そんな時には、全く違うアプローチを試みるのも一つ良い手です。

”バレエ” となると、分かってはいてもどうしてもこの筋肉を使ってしまう・・・
この場合は、”ヨガやピラティス” で別の筋肉を呼び覚まし、それを使って ”バレエ” に戻ってくると、案外『あ!こうか!!』という事が起こる事があります。また、同じ筋肉の違う使い方を体感できる場合もあります。

クセが抜けなかったり、思うように身体が動かせない・・・など、なかなか突破口が見つからない時には思い切って他のクラスを受講してみる!!とっても良いと思います。

 

 

tea Ballet Studio

京王線京王稲田堤駅徒歩3分、JR南武線稲田堤駅徒歩4分
クラシックバレエ・ピラティス・ヨガ・ヒーリングヨガ・Yinヨガ

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-子供バレエ, 大人バレエ, 身体の事

執筆者:

関連記事

お行儀

『お靴を脱いだら揃えて下駄箱へ』 『スタジオに来たら元気にごあいさつ!』 『脱いだお洋服は自分できれいにたたむ』 『お稽古の受け方について』 『道具を使ったらキチンと片づける』 『お稽古が終わっても元 …

プライベートレッスン

大人クラスの生徒からこの様な相談がありました。 『私の父と母は大の運動嫌いで、このままでは将来本当に歩けなくなってしまうのではないかと心配で、先生のレッスンを受けさせたいのだけど、通常のクラスにはとて …

私も子供の頃に経験したのですが・・・ 最初は ”楽しい!” でい~っぱいだったバレエも年齢が進むにしたがって、難しい事や出来ない事が段々と・・・。自分で乗り越えなければならない ”壁” が現れてきます …

同じですね⑫

ピアノのレッスンにて。 先生から 『曲の始まりと終わりをとくに注意してください!』 『途中が良くても始まりと終わりがうまくいかなければ、すべてが良くない印象になってしまいます。』   練習中 …

表現する事

最近、習い事についてのこのような記事を読みました ↓ 『これからの時代は英語で話せることが普通になってきます。言葉が話せるか?という技術的な側面よりも、自分の思ったことをきちんと表現できるか?という精 …

tea Ballet Studio

tea Ballet Studio
川崎市多摩区菅2-12-16にある
クラシックバレエ・ピラティス
ヨガ・ヒーリングヨガ
のスタジオです

tea バレエスタジオのツイッター





tea バレエスタジオの facebook

ゆめみるバレエちゃんSHOPの facebook

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930