子供バレエ 大人バレエ 身体の事

違うアプローチ

投稿日:

身体は望む動きを繰り返し練習する事で、その動き方のコーディネーションを記憶し、考えなくても自動的に動けるようなスイッチを段々と構築してゆきます。
自転車をこぐ動きなど良い例ですね。

バレエでもこれを利用し、腹筋や土踏まず・内ももを、考えなくても身体が自動的に反応出来るよう、エクササイズ・トレーニングで望む動きを繰り返し行います。

しかし、間違えた記憶や望まない動きが身についてしまうと、それが逆効果に働いてしまっている場合があります。

みな様の顔がそれぞれ違うように身体も違います。人によって使いやすい使い慣れている筋肉も違いますし、使い方のクセもあり、似たような動きを望まない筋肉で行ってしまう事もできます。
(それがケガや痛み、動きにくさの原因となってしまう事もあります。)

一度構築して記憶してしまうと、違うスイッチに再構築する事がなかなか難しくなってしまう事があります。そんな時には、全く違うアプローチを試みるのも一つ良い手です。

”バレエ” となると、分かってはいてもどうしてもこの筋肉を使ってしまう・・・
この場合は、”ヨガやピラティス” で別の筋肉を呼び覚まし、それを使って ”バレエ” に戻ってくると、案外『あ!こうか!!』という事が起こる事があります。また、同じ筋肉の違う使い方を体感できる場合もあります。

クセが抜けなかったり、思うように身体が動かせない・・・など、なかなか突破口が見つからない時には思い切って他のクラスを受講してみる!!とっても良いと思います。

 

 

tea Ballet Studio

京王線京王稲田堤駅徒歩3分、JR南武線稲田堤駅徒歩4分
クラシックバレエ・ピラティス・ヨガ・ヒーリングヨガ・Yinヨガ

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-子供バレエ, 大人バレエ, 身体の事

執筆者:

関連記事

思い込み

『人間は思い込みで出来ている』 とよく耳にしますが、はじめから自分を決めてしまう方がいます。 『私は身体が硬い・・・』 『~は出来ない・・・』 『~には向いていない・・・』 私も小さい頃は引っ込み思案 …

ケガをしてしまったら?

日頃から気をつけてはいるのですがバレエにもアクシデントは付き物です。 疲れていたり、集中力が欠けていたり、ちょっとした不注意でケガをしてしまう場合もあります。普段の生活の中でも同じですが、もしケガをし …

内もも

みな様の太ももの内側にあります。 解剖学用語では、『内転筋群』といって、いくつかの筋肉の集まりです。 バレエにとって、重要で大切な筋肉の1つですが、鍛えておくとバレエ以外でもとても良い事があります。 …

おサボりセンサー

私の身体にはあちこちに ”おサボりセンサー” が備わっています。 2002年にヤン・ヌイッツ先生のバレエセミナーに参加し、ヤン先生、郷路泰子先生、フランシス・ウエイツ先生に出会い、それまで習ってきたバ …

発表会アルバムが届きました

さて、先日の発表会の舞台写真見本アルバムが届きました! 発表会の回数を重ねるにつれて、だんだんバレエらしいポーズ(!?)の写真が増えてきました。とても嬉しいです。 良い写真が本当にたくさんあって生徒も …

tea Ballet Studio

tea Ballet Studio
川崎市多摩区菅2-12-16にある
クラシックバレエ・ピラティス
ヨガ・ヒーリングヨガ・Yinヨガ
のスタジオです

tea バレエスタジオのツイッター

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031