teaバレエスタジオブログ

神奈川県川崎市稲田堤 teaバレエスタジオのブログ

子供バレエ 大人バレエ 身体の事

続けてはいけない痛み、続けなくてはならない痛み

投稿日:

バレエに “痛み” は付き物。(でもバレエに限らずでしょうか?!)

トゥシューズを履く。慣れるまでの足の指はマメだらけ。水膨れができたり、爪が死んでしまったり・・・

それと、ストレッチもできるようになるまでは痛みを伴います。

これらの痛みは乗り越えていかなければならない大きな壁。

足の指は、何度もマメがつぶれたり皮がむけたりを繰り返すうちに、タコになったり皮膚も強くなり、そうなると多少痛みが少なくなったり。しかし痛いものは痛い。いろいろ対策も必要ですし、その痛みに慣れてしまう事も必要です。

また、ストレッチはトレーニングとともに繰り返すうちに伸びるようになり、痛みが気持ちよさ?!にかわってきます。

バレエでは特に脚を大きく動かすので関節の可動域を確保するために、またケガの防止にもストレッチの方法うまく力を抜く事も大切です。

 

しかし、ケガの痛みは別。
 ・捻挫 骨折 肉離れ・・・etc
 ・腫れている
 ・熱を持っている
など、急性のケガの痛みは『続けてはいけない痛み』のシグナルです。
すぐにレッスンを中止して、アイシングと休息、(RICE処置)などを迅速に行わなくてななりません。
 

このように、痛みにも色々、これを自分で感じ、どのような痛みなのかをわかる事も大切。
 
『ストップすべき or 続けるべきか』

ストレッチの痛みは、自分自身にしか分からず、それを乗り越えていかなければならないので、子供にとっては逃げたい痛み。
これをどうするか・・・
少し大袈裟かもしれませんが、この事一つとっても、これを乗り越える事は、

『やればできるようになれる!!』

日々の積み重ねがとても大切。この変化が現れにくい事をあきらめない!!痛みにも負けない!!こつこつとたんたんと続ける!!!

 

バレエにはこの様な要素が盛りだくさん。
バレエを習う事で、踊る事以外にも身につくことがたくさんあり、将来の自分にプラスになると思います。

 

 

 

tea Ballet Studio

京王線京王稲田堤駅徒歩3分、JR南武線稲田堤駅徒歩4分
クラシックバレエ・ピラティス・ヨガ・ヒーリングヨガ

 

ゆめみるバレエちゃんSHOP

ちょっとかわいいゆめみるバレエちゃんグッズ

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-子供バレエ, 大人バレエ, 身体の事

執筆者:

関連記事

終わりは次の始まり

バレエは  ”パ” (動き) の連続でできています。 レッスンでは一つ一つの ”パ” を繰り返し練習してゆき、その ”パ” が出来るようになってきたら、それらをつなげたり組み合わせたりして、踊りをつく …

そして基礎の前に・・・

前回のブログ『基礎を大切に』を書きましたが、バレエの基礎の前に、まず、身体の基礎も大切。 普段どんな姿勢をしていますか?  立っている時  座っている時 靴の中で足趾(あしゆび)はどうなっていますか? …

ストレッチの方法

『 ストレッチ 』と聞いて、みな様はどんな事を想像しますか? ・脚を前に伸ばし手を伸ばしてつま先をさわる ・立って床を触ろうとする ・開脚して身体を前に倒す どれも間違えではありませんが、伸ばしたい筋 …

つかれるのはダメなの?

何かをするとすぐに 『つかれた~』と言う今時の子供達。 体力が足りないせいかな・・・とは思いますが 『つかれるのってダメなの??』 『つかれるほど頑張ったら、ご飯もおいしいし、夜も良く眠れるよ~』 『 …

同じですね⑩

先日の『簡単と思われる事ほど難しい・・・』の続き。 『ピアノは鍵盤を押せば思った通りの音が出せる!!』なんて大間違い。繊細に美しく弾く技術がとても必要だと痛感しました。   バレエも同じです …

tea Ballet Studio

tea Ballet Studio
川崎市多摩区菅2-12-16にある
クラシックバレエ・ピラティス
ヨガ・ヒーリングヨガ
のスタジオです

テーマ