teaバレエスタジオブログ

神奈川県川崎市稲田堤 teaバレエスタジオのブログ

身体の事

ケガをしてしまったら?

投稿日:2017年6月21日 更新日:

Pocket

日頃から気をつけてはいるのですがバレエにもアクシデントは付き物です。
疲れていたり、集中力が欠けていたり、ちょっとした不注意でケガをしてしまう場合もあります。普段の生活の中でも同じですが、もしケガをしてしまったら・・・・???

すみやかに 『RICE』 処置をしましょう。
est・・・・・・・・・・安静=とにかくまず安静にする
ce・・・・・・・・・・・冷却=氷で冷やす(湿布や冷却スプレーでは不十分!)
ompression・・・圧迫=損傷した組織の細胞液が他の部分に流れこむのを防ぎ、内出血と腫れを食い止めます(しかしこの加減はちょっと難しい・・・)
levation・・・・・拳上=患部を心臓より高くすることで、腫れを抑え、早くひかせます

ひどく腫れたり内出血していなければ、その日はお休みし、その後は様子を見ながらお稽古を再開させますが、もし腫れがひどかったり内出血を起こしていれば 『何かが起きているぞ!!!』 という身体からのSOSの合図なので、整形外科に行きレントゲンを撮って患部の状態を確認してもらいましょう。
骨折やヒビ等、骨に異常がないか?捻挫であればその程度(靭帯の状態…断裂や伸びてしまった等)
またその他の軟骨などの周辺組織に異常がないかを医師に確認してもらいましょう。

いずれにしてもスタジオではすぐに ”氷” で冷やし、その日は帰宅させ、お家でも ”氷” で冷やしてもらいます。
意外とみな様は湿布に頼りがちですが、湿布のアイシング効果は低いので、慢性の痛みではなく 『やってしまった!』 というケガならば、とにかくまず ”氷” で冷やすのが1番大事です。

一番最初の処置次第でその後の回復のスピードがまるで違います!!

 

tea Ballet Studio

京王線京王稲田堤駅徒歩3分、JR南武線稲田堤駅徒歩4分
クラシックバレエ・ピラティス・ヨガ・ヒーリングヨガ・マタニティヨガ・産後ヨガ・Yinヨガ

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-身体の事

執筆者:

関連記事

成長と共に骨の数は減ります②

⇒その① 『長骨 (ちょうこつ)… 長い形の骨』も成長期にとても大切です。 子供の間は成長のため骨端線は成長軟骨があり、そこで骨が分かれています。成長軟骨が細胞分裂して骨が伸びて成長して行き、成長が終 …

骨盤を立てる

今読んでいる本でまたまた見つけましたよ!! 『骨盤を後傾した状態では、腹横筋、多裂筋などのインナーユニットが働きにくくなる。インナーユニットの活動を回復させるためには、骨盤をニュートラルにする事が大切 …

マッサージ

筋肉は使わないでいるとだんだんと弱くなり硬くなりやすくなります。 そのため、硬くなった筋肉を動かす事はとても良いとは思いますが、硬くなった箇所を動かすのはとても大変ですし、なにせ億劫ですよね・・・ そ …

使い慣れた筋肉

今までの生活や行ってきた運動や行動から、みな様には使い慣れた、スイッチの入りやすい筋肉があります。筋肉にはそれぞれの働きがあり、筋肉によってはバレエで動きやすくなる場合と、逆に身体の中で闘いが起き、邪 …

小さくても大切です

足指は小さいけれどとても大切です。 足指は足裏のアーチに関わり、そのアーチは身体のアライメントにも関わってきます。 また指の腹でしっかり床を押して身体を引き上げ・安定させたり、蹴ったりこすったりするこ …

tea Ballet Studio

tea Ballet Studio
川崎市多摩区菅2-12-16にある
クラシックバレエ・ピラティス
ヨガ・ヒーリングヨガ
のスタジオです

tea バレエスタジオのツイッター





tea バレエスタジオの facebook

ゆめみるバレエちゃんSHOPの facebook

2021年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930