身体の事

ケガをしてしまったら?

投稿日:2017年6月21日 更新日:

日頃から気をつけてはいるのですがバレエにもアクシデントは付き物です。
疲れていたり、集中力が欠けていたり、ちょっとした不注意でケガをしてしまう場合もあります。普段の生活の中でも同じですが、もしケガをしてしまったら・・・・???

すみやかに 『RICE』 処置をしましょう。
est・・・・・・・・・・安静=とにかくまず安静にする
ce・・・・・・・・・・・冷却=氷で冷やす(湿布や冷却スプレーでは不十分!)
ompression・・・圧迫=損傷した組織の細胞液が他の部分に流れこむのを防ぎ、内出血と腫れを食い止めます(しかしこの加減はちょっと難しい・・・)
levation・・・・・拳上=患部を心臓より高くすることで、腫れを抑え、早くひかせます

ひどく腫れたり内出血していなければ、その日はお休みし、その後は様子を見ながらお稽古を再開させますが、もし腫れがひどかったり内出血を起こしていれば 『何かが起きているぞ!!!』 という身体からのSOSの合図なので、整形外科に行きレントゲンを撮って患部の状態を確認してもらいましょう。
骨折やヒビ等、骨に異常がないか?捻挫であればその程度(靭帯の状態…断裂や伸びてしまった等)
またその他の軟骨などの周辺組織に異常がないかを医師に確認してもらいましょう。

いずれにしてもスタジオではすぐに ”氷” で冷やし、その日は帰宅させ、お家でも ”氷” で冷やしてもらいます。
意外とみな様は湿布に頼りがちですが、湿布のアイシング効果は低いので、慢性の痛みではなく 『やってしまった!』 というケガならば、とにかくまず ”氷” で冷やすのが1番大事です。

一番最初の処置次第でその後の回復のスピードがまるで違います!!

 

tea Ballet Studio

京王線京王稲田堤駅徒歩3分、JR南武線稲田堤駅徒歩4分
クラシックバレエ・ピラティス・ヨガ・ヒーリングヨガ・マタニティヨガ・産後ヨガ・Yinヨガ

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-身体の事

執筆者:

関連記事

その後・・・

先日の『やってもうた』のその後・・・。生徒でもある整形外科の先生に尋ねてみたところ・・・ 『あ~それはね。肋骨の骨膜に傷がついたり、ちょっとはがれちゃったりしている症状だね。風邪で咳が止まらなくなった …

湯船に入ってますか?

『湯船に入っていますか?』 生徒達に尋ねると、意外や意外、湯船に入らない生徒が多い事に驚きました。 呼吸の回にも書きましたが、自律神経のバランスは身体にとってとても大切でそのスイッチの切り替えに湯船は …

違うアプローチ

身体は望む動きを繰り返し練習する事で、その動き方のコーディネーションを記憶し、考えなくても自動的に動けるようなスイッチを段々と構築してゆきます。 自転車をこぐ動きなど良い例ですね。 バレエでもこれを利 …

どんどん伸びてます・・・

スタジオを開設してから今年の夏で早くも9年!! 当時3歳だった生徒が小学校6年生に、小学1年生だった生徒は中学3年生へと成長し、それを見守る事ができるのはとても感慨深いです。 そして何よりビックリする …

バレエを習って背が伸びた!!??

大人バレエクラスの生徒から、 『先生!バレエを始めて背が伸びました!!!』 という声が多く聞こえます。 普通は大人になった段階で身体の成長は止まるので、骨が成長して背が伸びる事はありません。(私はお医 …

tea Ballet Studio

tea Ballet Studio
川崎市多摩区菅2-12-16にある
クラシックバレエ・ピラティス
ヨガ・ヒーリングヨガ・Yinヨガ
のスタジオです

tea バレエスタジオのツイッター





2020年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930