身体の事

内もも

投稿日:2017年5月31日 更新日:

Pocket

みな様の太ももの内側にあります。
解剖学用語では、『内転筋群』といって、いくつかの筋肉の集まりです。

バレエにとって、重要で大切な筋肉の1つですが、鍛えておくとバレエ以外でもとても良い事があります。
また、股関節にトラブルがある場合等に改善のために鍛える事もあります。

ゴルフをなさっている生徒から、「内転筋を鍛えて意識すると飛距離がのびました!!!」とお聞きしました。
また、くしゃみ等で尿漏れが気になっていた生徒から「解消しました」とも聞きました。
内転筋群を鍛える事で、骨盤底筋群 (骨盤の底にある筋肉) も一緒に鍛えられ解消できたのだと思います。

特に女性は弱くなりやすい筋肉だそうで、鍛えておいて損はない!!
また、腹筋と仲良しの筋肉なので、腹横筋・内転筋群・骨盤底筋群とセットで鍛えるとお互いに良い刺激になります。

鍛え方は
・椅子に骨盤を立てて座り背筋を伸ばした状態や、仰向けの立膝で、膝の間にクッションやバスタオル、ボールなどを挟み、足を閉じるようにぎゅーっと挟む。
・座っている時、膝を閉じて座る(長い時間閉じていると結構プルプルしてきます)
この様な単純作業でも鍛えることができます。

スタジオでは、次の日に筋肉痛になるぐらいに、もっともっとハードに鍛えます!!!!

体験してみたい方は是非スタジオへどうぞ~~~!!!

 

tea Ballet Studio

京王線京王稲田堤駅徒歩3分、JR南武線稲田堤駅徒歩4分
クラシックバレエ・ピラティス・ヨガ・ヒーリングヨガ・マタニティヨガ・産後ヨガ・Yinヨガ

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-身体の事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

筋肉の緊張③

筋肉の緊張(コリ・こわばり)は動かさずにいたり、同じ姿勢をとり続けたりしても、疲労が溜まり起こる事があります。 『 筋肉の緊張① 』でも書いた通り、筋肉も血液の循環によって、栄養・酸素をもらい老廃物を …

その後・・・

先日の『やってもうた』のその後・・・。生徒でもある整形外科の先生に尋ねてみたところ・・・ 『あ~それはね。肋骨の骨膜に傷がついたり、ちょっとはがれちゃったりしている症状だね。風邪で咳が止まらなくなった …

おサボりセンサー②

またまた私のおサボりセンサーが発動しました。。。 7月中ごろからどうも膝の調子が悪く・・・『年齢のせいかな。。。』などと思いつつもごまかしごまかししていたら、ついに先日、急に腫れ出し、痛くて踏ん張れず …

骨!骨!骨!②

ご存知ですか?骨には色々な機能があるのです。 ①人体の構造を支える・・・人体の大まかな枠組みや支柱をつくり、筋肉の収縮によって運動を起こすことができる。 ②内臓を保護する・・・やわらかい脳や内臓を取り …

寝相が悪いのではなく筋肉の疲労回復のために緊張を解いているのです!!!

あまりにも寝相の悪い私。。。。 隣で寝ている主人に何度も蹴りを入れるため、今では私と主人の布団の間にはクッションで頑丈なバリケードが建造されています。 しかし!!! 今読んでいる本で見つけましたーーー …

tea Ballet Studio

tea Ballet Studio
川崎市多摩区菅2-12-16にある
クラシックバレエ・ピラティス
ヨガ・ヒーリングヨガ
のスタジオです

tea バレエスタジオのツイッター





tea バレエスタジオの facebook

ゆめみるバレエちゃんSHOPの facebook

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930