子供バレエ 大人バレエ 身体の事

年がら年中ハロウィンか・・・??!!

投稿日:2018年11月13日 更新日:

先日、ベビークラスを体験に来た付き添いのママがスタジオの骨格模型を見るなり

『あれは、ハロウィンの飾り?・・・ではないですよね・・・』

と。(たまたまハロウィンが近かった事もあると思いますが・・・)

 

もちろんハロウィンではなく・・・
ずーっと当たり前のように立って見守ってくれている ”オスカー君”

案外自分の身体にある骨の事を知る機会は少ないようで、実際に ”オスカー君” を見たり動かしてみたり(動く箇所もあります)すると、自分の身体の動かし方のイメージが明確になるようです。

特に股関節(脚の付け根の関節)、骨盤や、背骨はお肉に囲まれていたり、身体の深い所にあるため、自分では感じにくかったりイメージが湧きにくかったりします。

 

身体にとってイメージする事もとても大切なので、明確なイメージをわかせるためにも ”オスカー君” の役割はとても重要です。

最初のうちは怖がっていたベビーさんもすぐに慣れて『脚のお皿どれだー??』と聞くとみんなでさわりにきてくれます。
大人クラスの生徒もじっくりとよぉーく観察しています。

 

”オスカー君” いつもありがとう!!!

意外とイケメンです。

 

 

 

 

 

 

tea Ballet Studio

京王線京王稲田堤駅徒歩3分、JR南武線稲田堤駅徒歩4分
クラシックバレエ・ピラティス・ヨガ・ヒーリングヨガ・Yinヨガ

 

 

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-子供バレエ, 大人バレエ, 身体の事

執筆者:

関連記事

発表会に向けて⑮

さぁ!いよいよ次の日曜日が発表会本番です!! 金曜日から劇場入りし、舞台で仕込み(大道具・照明・音響の準備)とリハーサルを行います。 舞台はお稽古場と違い、ただ広いだけではなく、空間や感覚も全く違うの …

もう一人の自分

どんな時でも冷静になって自分を見直す事は大切だと思います。 そして、クラシックバレエはたくさんの約束事の中で踊ります。 ・足のポジション ・身体の向き ・手の位置 ・顔の向き ・動きの中で行わなくては …

コロリン!

『コロリン』と聞いて、何をイメージしましたか??   子供クラスでは写真のようなエクササイズを『コロリン』と呼んでいます。 ○縦にコロリン・・・・腹筋 (後頭部を床に打たないようにおへそを見 …

いつも本気で!

集中せずに他の事を考えながら踊っていると、どこかの何かがおろそかになってしまう事があります。 『バレエ以外の何かで頭がいっぱいになっているな!?』と見ていてすぐに分かってしまいます。 人間の身体は毎日 …

成長と共に骨の数は減ります①

⇒『骨!骨!骨!①』 ・子供の骨の数・・・約350個 ・大人の骨の数・・・約200個 子供の骨は成長するため、あちらこちらに『成長軟骨』が存在していて、大人への成長に伴い『成長軟骨』が骨に置き換えられ …

tea Ballet Studio

tea Ballet Studio
川崎市多摩区菅2-12-16にある
クラシックバレエ・ピラティス
ヨガ・ヒーリングヨガ・Yinヨガ
のスタジオです

tea バレエスタジオのツイッター

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031