身体の事

骨盤を立てる

投稿日:2018年7月18日 更新日:

今読んでいる本でまたまた見つけましたよ!!

『骨盤を後傾した状態では、腹横筋、多裂筋などのインナーユニットが働きにくくなる。インナーユニットの活動を回復させるためには、骨盤をニュートラルにする事が大切である』
(運動療法としてのピラティスメソッド 監修:近良明 編集:桑原匠司)

ピラティスではまず身体を調整し、骨盤のニュートラルな状態を確認してから筋肉の目覚めや強化、ストレッチ等のエクササイズを始めます。
床に仰向けに寝た時に骨盤のニュートラルな状態を確認しますが、そうすると身体の他の場所の違和感を訴える方もいらっしゃいます。
普段骨盤がニュートラルではない状態でいると、一番上に乗る重たい頭を支えるために、それに合わせ背骨や筋肉、骨格は調整されカスタマイズされてしまいます。
骨格が本来あるべき姿から外れる事で、関節の可動域の減少や、ケガや痛み等の原因を作ってしまう事があります。(アライメント

普段生活をしている時の骨盤はどの様な状態でしょうか?
実は原因の大元は骨盤がニュートラルでない事が原因かもしれません。
『骨盤がニュートラルな状態でないとインナーユニットが働きにくくなる』
逆に普段の行動・活動も骨盤をしっかり立ててニュートラルにしていることで自然とインナーユニットの強化に繋がると思います。

まずは骨盤の状態を確認するためにスタジオにいらっしてみませんか?

 

tea Ballet Studio

京王線京王稲田堤駅徒歩3分、JR南武線稲田堤駅徒歩4分
クラシックバレエ・ピラティス・ヨガ・ヒーリングヨガ・Yinヨガ

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-身体の事

執筆者:

関連記事

コツコツと続ける

身体はすぐには変化(進化)できません。 でも、『じみにコツコツ』続けていれば身体は変化(進化)します!!! 『じみ~~な事をコツコツと続ける事』 大体の方が苦手な事かもしれませんが、この事自体を楽しめ …

身体を思うように使う事

身体を  “繊細に” かつ “自分の思うように” コントロールして動かす事。これは簡単ではありません。 それぞれが今まで生きてきたベースも違うので、同じような動きをしていても同じ筋肉を使っているとは限 …

えっ!呼吸が・・・ヘタなのか??

“呼吸” はとても大切です。 踊っている間の “呼吸” ももちろん、とても大切です。 バレエでは “軽さ” を求めて 身体を床から離す(?)伸ばす(?)ようにしますが、この事を “引き上げる” と言う …

小さくても大切です

足指は小さいけれどとても大切です。 足指は足裏のアーチに関わり、そのアーチは身体のアライメントにも関わってきます。 また指の腹でしっかり床を押して身体を引き上げ・安定させたり、蹴ったりこすったりするこ …

私のお気に入り④

ズバリ 『 入浴剤!!』 以前に『 湯船に入っていますか? 』でも書きましたが、心と身体のためにも、入浴はとても大切な時間です。 そこにお気に入りの入浴剤を入れる事で、よりリラックス作用が働き睡眠にも …

tea Ballet Studio

tea Ballet Studio
川崎市多摩区菅2-12-16にある
クラシックバレエ・ピラティス
ヨガ・ヒーリングヨガ・Yinヨガ
のスタジオです

tea バレエスタジオのツイッター





2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829