身体の事

筋肉の緊張③

投稿日:2017年4月25日 更新日:

筋肉の緊張(コリ・こわばり)は動かさずにいたり、同じ姿勢をとり続けたりしても、疲労が溜まり起こる事があります。

『 筋肉の緊張① 』でも書いた通り、筋肉も血液の循環によって、栄養・酸素をもらい老廃物を出す事ができるので、動かさない事で血液の循環も悪くなり、そうするとさらに筋肉は硬くこわばる・・・・という悪循環になってしまいます。

その悪循環を断ち切る為にも運動は大切です。

しかし『筋肉の緊張②』で書いたように身体にアライメントの崩れがあれば、オーバーユースになってしまう場所と、使われないでいる場所がでてきてしまうかもしれません。
また身体の使い方には皆さんそれぞれクセもあるので、その事でも同じような事が起こるかもしれません。

自分の事は自分ではなかなか分かりにくいものです。

ぜひ一度当スタジオで自分の身体について観察してみませんか?

 

tea Ballet Studio

京王線京王稲田堤駅徒歩3分、JR南武線稲田堤駅徒歩4分
クラシックバレエ・ピラティス・ヨガ・ヒーリングヨガ・マタニティヨガ・産後ヨガ・Yinヨガ

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-身体の事

執筆者:

関連記事

軟骨

”軟骨” はみな様もよく耳にする言葉かと思います。 骨と骨とが向き合う関節では、骨端の表面は軟骨で覆われています。 また、股関節・肩関節にある関節唇、膝にある半月板や背骨の間にある椎間板は、関節の安定 …

出来ない理由

何かを試してみてうまくいかない時、どうしてうまく出来なかったのかを考え、その1つ1つをつぶして(できるようにして)いく事はとても大切だと思います。 片脚で立つとグラグラする  ⇒足指が使えていない? …

年がら年中ハロウィンか・・・??!!

先日、ベビークラスを体験に来た付き添いのママがスタジオの骨格模型を見るなり 『あれは、ハロウィンの飾り?・・・ではないですよね・・・』 と。(たまたまハロウィンが近かった事もあると思いますが・・・) …

イメージする

『こうなりたい!』『こうしたい!!』 頭の中で具体的にイメージすることはとても大切です。 色々な感覚の回にも少し書きましたが、身体の表面にある筋肉は自分の意志でコントロール出来るものも多いですが、身体 …

骨盤を立てる

今読んでいる本でまたまた見つけましたよ!! 『骨盤を後傾した状態では、腹横筋、多裂筋などのインナーユニットが働きにくくなる。インナーユニットの活動を回復させるためには、骨盤をニュートラルにする事が大切 …

tea Ballet Studio

tea Ballet Studio
川崎市多摩区菅2-12-16にある
クラシックバレエ・ピラティス
ヨガ・ヒーリングヨガ・Yinヨガ
のスタジオです

tea バレエスタジオのツイッター





2020年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031