子供バレエ 大人バレエ 身体の事

『バレエ=痛くなる』 は当たり前??

投稿日:

バレエに一生懸命になるほど、身体の『痛み』が伴いますが『痛み』にも様々あります。

ストレッチは人によっては気持ちがよかったり、痛かったり。特に固い方にとっては痛いイメージの方が強いかもしれません。
また、トゥシューズはつま先で立って自分の身体を支えるので、慣れるまでは本当に痛いです。トウシューズの中では足指に豆ができたり水膨れになったり、その豆がつぶれて皮がむけたり、人によっては爪が死んではがれる事もあります。これらも長年続けると皮膚が強く固くタコになってきて、痛みが減ることもありますが・・・それでも痛いのです・・・

これらの『痛み』は仕方のないこと。慣れるかあきらめるか・・・しかしどちらも長く続ければ続けるほどそれほど痛みに振り回されることは無くなってくると思います。

 

しかし、ケガの『痛み』は別です!!!!
ケガはアクシデントで起こる場合もありますが、多くの場合は身体(骨格)がアライメントから外れる事で起きます。

治療をして治ったと思っても、また同じアライメント・動き方をすればまた同じように痛みが出ます。
『痛み』は身体からの危険信号。まだ痛みが小さいうちに自分の身体をチェックして修正する事で大きなケガを未然に防ぐ事ができると思います。

 

この身体はこの世に一つだけの大切なもの。
代わりはないし、一度壊してしまうと元通りには戻せない。
大切にすること。

 

ちょっと大げさかもしれませんが生徒たちにしつこくしつこく、耳にタコができるほど繰り返し伝えています。

 

私が子供の頃は『バレエ習っていれば痛くなるのは当たり前』という考え方の方が大多数。病院にかかってもマッサージに行っても『バレエ習ってるなら仕方がない』で片づけられてしまう事も多く、痛くても我慢するしかなかった覚えがあります。

科学が進んだ現代!!いろいろな事が進歩!!バレエの動きを理解してアプローチしてくださる先生もいらっしゃいます。

『バレエを習っているから痛くなって当たり前』という考え方がなくなる事を願っています。

実は基礎を正しく、美しくバレエを踊る事は、身体を守る事にもなります。

また、バレエ以外でも慢性的な痛みがある場合、多くは自分の動き方やアライメントの不良によって起きています。

『~だから当たり前』と考えず、自分の身体についてよく知り、研究する事はとても大切だと思います。

 

 

tea Ballet Studio

京王線京王稲田堤駅徒歩3分、JR南武線稲田堤駅徒歩4分
クラシックバレエ・ピラティス・ヨガ・ヒーリングヨガ・Yinヨガ

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-子供バレエ, 大人バレエ, 身体の事

執筆者:

関連記事

内もものエクササイズ

内もも(内転筋)はとても重要です!! バレエにとってとても大切ですが、女性は特に年齢と共に弱くなりやすいそうで、バレエでなくてもとても大切なようです。 膝の間にボールを挟む、横向きに寝て鍛える等々こち …

2019発表会に向けて⑤

今年はちょっと早めに届きました! 発表会のチケットが出来ました!! 発表会まであと約1か月と半分ちょっとです。 振付もほぼ終わり、そろそろ追い込みに入ります。   振付をただ覚えるだけではな …

傘を振れない??!

今度の発表会の中で、傘を持って踊る作品があります。 この作品は第1回の発表会で私が創作したもので、師匠のスタジオで子供クラスを担当していた頃にも上演。今回で3回目です。さらに今回踊る生徒に合わせて手直 …

兄弟、姉妹のように

スタジオでは自分が小さい時にはお姉さんに助けてもらい、自分が大きくなったら小さい子を助けます。 小さい子を助ける事で色々と学び、その経験はその後に自分に返って来ると思います。 また小さい子達にも 『困 …

寝る子は育つ

最近はやっと涼しくなり、夜も眠りやすくなってきましたね。 生徒達に『夜更かししないで早く寝なさいよ!!!』 小学校入学前の生徒には20時、小学生低学年には21時には寝るように、良~く良く言いつけていま …

tea Ballet Studio

tea Ballet Studio
川崎市多摩区菅2-12-16にある
クラシックバレエ・ピラティス
ヨガ・ヒーリングヨガ・Yinヨガ
のスタジオです

tea バレエスタジオのツイッター





2020年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930